2017年度工学院大学大学院・電気・電子工学専攻

情報通信プラットホーム特論1(Information& Communications Platform Engineering 1)[3504]


2単位
水野  修 教授  [ 教員業績  JP  EN ]
最終更新日 : 2017/11/27

<授業のねらい及び具体的な到達目標>
●ねらい
情報通信サービスを提供するプラットホーム技術や,プラットホームを活用したサービスアプリケーション開発ついて,技術的な側面だけでなくBtoBの産業的な側面からも考察する.
Consider not only the technical aspects but also the industrial aspects of BtoB about the platform technology that provides information and communication services and service application development utilizing the platform.
情報通信プラットホーム特論1ではネットワーク技術の新しい動向について取り扱う.
今期は「エネルギーサービス」を取り上げる.
In this class, we deal with new trends in network technology.
We will address "energy services" this year.

●達成目標
プラットホームに関する基本的な構築方法と技術知識を身につける.
Geting basic design method and technical knowledge on ICT platform.

<授業計画及び準備学習>
●講義は輪講形式ですすめるため,原則的には欠席を認めない.
Studends have to perform presentation.

1. オリエンテーション 
Orientation
2. 電気エネルギーサービスのパラダイムシフト
Paradigm shift of electric energy services
3. 受給協調サービスと情報連携の必然性
Inevitability of electric receiving coordination services and information linkage
4. 海外エネルギーサービスのユースケース
Use Cases of forign Energy Services
5. 国内実証サイトのユースケース事例
Use case examples of demonstration site in Japan
6. ユースケースのモデル化
Modeling of use cases
7. システム概念参照モデル
System Reference Models
8. 情報モデル
Information models
9. 電気事業者と需要者間のインタフェース
Interfaces between electric utilities and consumers
10. 需要家エネルギー管理と需要抑制サービス
Customer energy management and demand responce service
11. 家庭向けエネルギー管理システム
Home energy management system
12. スマートグリッドのセキュリティ
Security of smart grid
13. 課題の成果発表1
Presentation of homeworks 1
14. 課題の成果発表2
Presentation of homeworks 2
15. まとめ
Conclusion

<成績評価方法及び水準>
・課題に対するプレゼンテーションと質疑応答(50%)
Presentation and Q&A (50%)
・学習成果の確認の結果(50%)
Test in each times (50%)

<教科書>
「国際標準に基づくエネルギーサービス構築の必須知識」電気学会編 オーム社 ISBN978-4-274-22005-0
"Essential knowledge of energy service design based on international standards"
Editor:Institute of Electric Engineering Japan, Ohm-sha Publishing.

<参考書>
特になし
None

<オフィスアワー>
火曜日 11:00-12:30,13:30-15:00 新宿A-2217室
Tuesday 11:00-12:30 13:30-15;00 A-2217(Shinjuku)
メールはomizuno_at_ieee.org


このページの著作権は学校法人工学院大学が有しています。
Copyright(c)2017 Kogakuin University. All Rights Reserved.