2017年度工学院大学大学院・電気・電子工学専攻

情報通信プラットホーム特論2(Information& Communications Platform Engineering 2)[3407]


2単位
水野  修 教授  [ 教員業績  JP  EN ]
最終更新日 : 2018/06/14

<授業のねらい及び具体的な到達目標>
●ねらい
情報通信サービスを提供するプラットホーム技術や,プラットホームを活用したサービスアプリケーション開発ついて,技術的な側面だけでなくBtoBの産業的な側面からも考察する.
情報通信プラットホーム特論2ではネットワークサービスの新しい動向について取り扱う
Consider not only the technical aspects but also the industrial aspects of BtoB about the platform technology that provides information and communication services and service application development utilizing the platform.
In the information communication platform special issue 2, we deal with new trends in network .
●達成目標
プラットホームに関する基本的な技術知識を身につけるとともに,ICTがもたらす社会的な影響についても理解する.
In addition to acquiring basic technical knowledge on platforms, understand the social impacts of ICT.

<授業計画及び準備学習>
●授業は輪講形式で行うため,基本的には欠席を認めない.

1.イントロダクション
2.全世界でのICTの急速な浸透
3.途上国におけるICTの浸透
4.様々な社会的課題とICTによる課題解決
5.成長のエンジンであるICTの重要性と我が国の取組
6.ICT産業構造のパラダイムシフト
7.ICT産業の国際競争力強化に向けた方向性
8. ICTによって生み出される様々な価値
9. ICT活用用の推進
10.ICTの利用流通の円滑化
11.ICTの急速な進化がもたらす社会へのインパクト
12.ICTの進化によるライフスタイル・ワークスタイルの変化
13.ICTのさらなる利活用の進展
14.ICT利用環境の構築
15.まとめ

1. Introduction
2. Rapid penetration of ICT worldwide
3. Penetration of ICT in developing countries
4. Various social issues and problem solving by ICT
5. Importance of ICT, a growth engine, and efforts by Japan
6. Paradigm shift of ICT industry structure
7. Direction toward strengthening international competitiveness of ICT industry
8. Various values generated by ICT
9. Promotion for ICT utilization
10. Facilitation of distribution and use of ICT
11. Impact on society caused by rapid evolution of ICT
12. Changes in lifestyle and work style due to evolution of ICT
13. Progress of further utilization of ICT
14. Construction of ICT use environment
15. Summary

●前期「情報通信プラットホーム特論1」を受講しておくことが望ましい.
Taking "Information& Communications Platform Engineering 1" is required.

<成績評価方法及び水準>
●割り当て部分のプレゼンテーションおよび各回におけるディスカッション(50%)
Presentaion and discussion(50%)
●レポート内容(50%)
Report(50%)

<教科書>
2017年度情報通信白書(Web版)
ICT White paper, 2017 Edition (Web Version)

<参考書>
None

<オフィスアワー>
火曜日(Tuesday) 1100-1230,1330-1500 A-2217(新宿)Shinjuku
メール omizuno_at_ieee.org


このページの著作権は学校法人工学院大学が有しています。
Copyright(c)2017 Kogakuin University. All Rights Reserved.