2019年度工学院大学 建築学部

構造力学演習I(Exercise of Structural Mechanics I)[2428]

試験情報を見る] [授業を振り返ってのコメント(学内限定)

1単位
山下 哲郎 教授  [ 教員業績  JP  EN ]
久田 嘉章 教授  [ 教員業績  JP  EN ]
西村 彰敏 非常勤講師  
王 欣 非常勤講師  
近藤 龍哉 准教授  [ 教員業績  JP  EN ]
最終更新日 : 2019/10/08

<学位授与の方針>
1. 基礎知識の習得
2. 専門分野知識の習得
3. 汎用的問題解決技能
4. 道徳的態度と社会性

<授業のねらい>
スポーツや楽器と同様に、構造力学は、天才でない限り問題を解いて訓練しないと習得できません。この授業では、建築学部の受講者を複数の教室に分け、それぞれ少人数のクラスで教員とTA(大学院生)が指導にあたります。毎回基礎的な問題から、応用問題まで、構造力学Tを理解するために必要な様々な問題が出されます。自分自身で問題を解くことによって、あるいは周囲の友達と解き方を一緒に考えることによって、構造力学の解法が楽しく身につきます。

<受講にあたっての前提条件>
特になし。
構造力学1の内容をより深く理解するため、さまざまな演習問題を解きます。計算の基礎になる数学、物理学にも関心を高めてください。

<具体的な到達目標>
梁、ラーメン、トラスなどの静定構造物の反力と応力の具体的な計算方法を習得し、軸力、せん断力、曲げモーメント図が描け、1級建築士の学科試験程度の問題が解けるレベルを目指します。

<授業計画及び準備学習>
講義に臨む前に,資料や教科書を予め読んで予習することを前提として実施します。特に再履修生は疑問点を整理し、質問する準備をしておいてください。
1.ガイダンス、構造力学で使う数学
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
2.力とモーメントのつりあい
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
3.支点反力(1)
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
4.支点反力(2)
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
5.静定梁の応力(1)集中荷重
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
6.静定梁の応力(2)分布荷重とモーメント荷重
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
7.静定ラーメンの応力(1)
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
8.静定ラーメンの応力(2)
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
9.ヒンジ付ラーメンの応力
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
10.静定トラスの応力(1)
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
11.静定トラスの応力(2)
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートの該当箇所を復習
12.総合問題(1)
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートを復習
13.総合問題(2)
   準備学習:構造力学Tの教科書、授業ノートを復習
14.学習内容の振り返り
   準備学習:前回までの総復習を行う。

<成績評価方法>
演習問題の成果(50%)および期末試験結果(50%)を合計し100点満点で成績を評価します。
90 点以上:A+、80 点台:A、70 点台:B、60 点台:C、50 点台:D、50 点未満:F

<教科書>
指定教科書なし。毎回演習問題と解答を配布します。

<参考書>
考えるプロセスがわかる力のつり合いを理解する構造力学、小野里 憲一 , 西村 彰敏 、彰国社
初めての建築構造力学、<建築のテキスト>編集委員会編、学芸出版社
わかる建築学 建築構造力学、安達 洋・丸田栄蔵編、学芸出版社
よくわかる構造力学の基本、松本慎也著、秀和システム
新・建築構造入門、西谷 章著、鹿島出版会 など

<オフィスアワー>
火曜日13:10-13:40 八王子11号館261室 もともと当授業は個別指導が中心なので授業中に質問を受け付ける。

<学生へのメッセージ>
解らないことや疑問に思うことは遠慮なく、積極的に質問しましょう。
構造力学1が不合格となった学生はこの科目を履修することで合格率が確実に上がります。
友達と解き方について考える、分からない友達に教える、などもいい訓練になります。

<備 考>
特になし


ナンバリングはこちら
このページの著作権は学校法人工学院大学が有しています。
Copyright(c)2019 Kogakuin University. All Rights Reserved.