2018年度工学院大学 情報学部情報通信工学科

情報通信セミナーI(PBL)(k)[S015]

試験情報を見る] [授業を振り返ってのコメント(学内限定)

1単位
水野  修 教授  [ 教員業績  JP  EN ]
   
最終更新日 : 2018/10/05

<学位授与の方針>
1. 基礎知識の習得
2. 専門分野知識の習得
3. 汎用的問題解決技能
4. 道徳的態度と社会性

<授業のねらい>
「情報通信セミナーI,II」は,「卒業論文」を遂行する前段階の基礎教育と共に,配属先研究室をスムースに選定する指針を与える実習として位置づけられています.まず,「情報通信セミナーI」では,4つのカテゴリー(グループ)で区分された「研究分野」を2つ選択的に受講し,それぞれの「研究分野」における研究内容を具体的に把握してもらいます.これは,後期に実施される「情報通信セミナーII」において,諸君が配属研究室を一つに絞る際の重要な判断材料となります.
授業形態は輪講形式とし,それぞれの課題に対する答えを導き出す一連の過程において,自ら問題点を見つけ,調べ,考察する力を養います.さらに,それらの結果をまとめて資料を作成し,かつ発表することを体験することにより,プレゼンテーション技術を学びます.

<受講にあたっての前提条件>
特になし。

<具体的な到達目標>
情報通信に関する専門知識、最新技術動向を理解する.

<授業計画及び準備学習>
・第1回:全体オリエンテーション
セミナーの手順,講義法,卒論との関連性などの全般的な説明する.以下の4つのカテゴリーの中から希望順を提出する.これらのうち,各人2つのグループを受講する.

グループA(ネットワークとその応用)[木曜5限]:馬場健一、水野修、古博
グループB(情報通信)[月曜5限]:大塚裕幸、小林亜樹、杉山隆利
グループC(情報システム)[月曜5限]:山口実靖、牛田啓太、陳キュウ
グループD(情報デバイス)[木曜5限]:高橋泰樹、工藤幸寛

★グループ分けの結果(前半グループ,後半グループ)は第1回講義日に決定し,23階掲示板にて公表する

・第2回 前半グループのオリエンテーション.技術内容の概要について理解し,検討する項目を5つ挙げる.
 準備:グループの技術内容の概要を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第3回 第2回で挙げた項目のうち第1項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第4回 第2回で挙げた項目のうち第2項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第5回 第2回で挙げた項目のうち第3項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第6回 第2回で挙げた項目のうち第4項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第7回 第2回で挙げた項目のうち第5項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第8回 後半グループのオリエンテーション.技術内容の概要について理解し,検討する項目を5つ挙げる..
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第9回 第8回で挙げた項目のうち第1項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第10回 第8回で挙げた項目のうち第2項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第11回 第8回で挙げた項目のうち第3項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第12回 第8回で挙げた項目のうち第4項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回で扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第13回 第8回で挙げた項目のうち第5項目について,プレゼンテーションとディスカッションを行う.
 準備:この回に扱う技術内容を調査しプレゼンテーションの準備を行う
 復習:ディスカッションの内容と不明点を調査しレポートを作成する

・第14回:学習内容の振り返り
 ★各研究室の紹介,およびセミナーUの配属方法について説明し,「セミナーII配属先研究室希望調査票」を配布するので,セミナーU受講者および次年度卒論着手予定者は必ず出席すること.

<成績評価方法>
・発表内容と発表技術、セミナーにおける質問などの積極性をもとに評価する。
・なお,毎回出席することが評価実施の条件であり,正当な理由がなく欠席すると不合格になる可能性がある.

<教科書>
・グループA:竹下 隆史,村山 公保ほか,「マスタリングTCP/IP 入門編 第5版」 オーム社,ISBN-13: 978-4274068768
・グループB: 大塚 裕幸 監修「基本からわかる 情報通信ネットワーク講義ノート」,オーム社,(2016/01)ISBN 978-4-274-21835-4
・グループC:講義中に指定する.
・グループD:なし.

<参考書>
各グループの教員の指示に従うこと。

<オフィスアワー>
講義全般について:山口実靖(木曜日19:00〜20:00 新宿A-2214)
水野修(木曜日11:00-12;30,13:30−15:00 新宿A-2217)
グループAコンタクト教員:古 博(水曜日14:00〜15:00,新宿校舎A-2237)
グループBコンタクト教員;小林亜樹(水曜日12:50〜13:40,新宿A-2375)
グループCコンタクト教員:牛田啓太(八王子5-503,火曜 15:30-17:00)
グループDコンタクト教員:高橋泰樹

<備 考>
・第2回から第13回はグループ毎に実施する.配属されるグループによって教室,曜日,時限が時間割表と異なるので注意すること.
 (第1回目のオリエンテーションにて周知します.)


ナンバリングはこちら
このページの著作権は学校法人工学院大学が有しています。
Copyright(c)2018 Kogakuin University. All Rights Reserved.